梅田院東梅田院

更年期障害と心身症

更年期障害と心身症

この記事のもくじ

1.更年期障害とは

更年期とは閉経を挟んだ前後の約10年間のことを言い、女性なら誰でも経験することです。日本人女性の閉経は50歳前後であるため、一般的には45~55歳が更年期とされています。

更年期障害とは、この更年期に女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が急激に減り、身体症状や精神症状が現れることを言います。症状が軽い場合は更年期症状とされ、日常生活に支障を来すものが更年期障害です。

エストロゲンの分泌を調整するのは、脳にある下垂体という場所です。45歳を過ぎた頃から、脳がエストロゲンの分泌をいくら命令しても、分泌されにくい状況が続き、脳が混乱してしまいます。そして、脳が調整する他の自律神経系にも影響を与えて、さまざまな更年期症状を引き起こすことになります。

2.どのような症状か

更年期障害には、精神的な症状と身体的な症状があります。主な症状は次のとおりです。 

精神的症状

情緒不安定、イライラ、怒りっぽい、憂うつ感、不眠、不安、物忘れ、倦怠感、集中力の低下、判断力の低下など

身体的症状

頭痛、ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ、発汗)、動悸、手指のしびれや痛み、腰痛や関節痛、肩こり、むくみ、めまい、吐き気、便秘や下痢、乾燥肌、頻尿、膀胱炎など

これらの症状は、年齢とともに現れる症状の種類が変化しますが、更年期障害の初期はホットフラッシュや発汗から始まることが多いです。 

更年期障害は、不調をほとんど感じないで過ごす方もいれば、上記のような症状に苦しむ方もおり個人差があります。どのような症状が出現するか、日によっても症状の出方が変わるため、元気な日や不調で行動できない日と症状の差があり、ご本人も戸惑うことがあるようです。 

3.更年期障害になりやすい人

更年期障害は一種のストレス性疾患とも考えられており、さまざまな要因が重なって発現します。更年期の女性は、生理的な現象としてエストロゲンが低下するため、何らかの症状が出ています。この症状が日常生活に支障を来すほど、強くなるのは次のような要因が考えられます。 

  • 加齢によるエストロゲンの欠乏
  • 仕事にストレスがある
  • 生活習慣が乱れている
  • 気質的に怒りっぽい、イライラしやすい
  • 更年期前からうつ症状がある
  • 十分な休息が取れない生活

更年期の時期である、45歳~55歳ころは閉経という女性にとって大きな身体の変化がある上に、仕事・育児・介護などの生活環境が大きく変化する時期です。自分の身体と向き合う時間を取る余裕がなく生活しているうちに、更年期障害が悪化しているケースもあります。 

4.更年期障害の診断・治療

①更年期障害の診断

更年期障害の診断は、最初に詳しい問診を行います。問診の内容は、症状の種類の有無やいつから症状が出たのか、症状の強さなど症状に関する問診と、生活習慣や過去の病気の有無などの問診を行います。 

さらに何か不安なことや悩み事、ストレスを感じる出来事の有無などの精神面についてもしっかり把握します。それだけ、更年期障害は女性ホルモンだけではなく、その方が暮らすさまざまな環境が関係あると考えられているためです。 

その後は、次のような検査を受けます。

  • 一般血液検査(女性ホルモン値も含めて)
  • 超音波検査
  • 骨量の測定
  • 乳がん検診や子宮がん検診

病院によっては、他にも詳しい検査を行うこともあります。 

更年期障害は現れている症状と検査の結果、本人が日常生活を送れないなどの苦痛の程度などを含めて、総合的に診断することが一般的です。 

②更年期障害の治療

更年期障害の治療は、大きく分けて薬物療法、食事療法、運動療法の3つの方法があります。とくに薬物療法を中心として、適切な治療とともにカウンセリングや心理療法を行うことで改善を図っていきます。詳しい治療内容は、次のとおりです。 

薬物療法

・ホルモン補充療法(年齢により低下した女性ホルモンを補う治療。とくに、ほてりやのぼせ、発汗などの自律神経系の不調に効果がある。)

・漢方療法(症状の緩和を目的とした方法。体質に合った漢方薬を飲むことで、数日で症状が改善。症状に合わせて漢方薬を内服。)

・その他(睡眠剤や抗不安薬など、精神的な症状を緩和する効果がある)

食事療法

バランスの良い食事をとること。ビタミン類や大豆イソフラボンなども積極的にとること。

運動療法

定期的に運動し、血行を促す。肩こり、腰痛、頭痛などの症状が改善。

他には、生活習慣を改善させて、心身ともにリラックスできる生活環境を整えることも治療方法の一つとされています。更年期障害のなかでもうつ病は、婦人科の先生だけではなく心療内科で診察を受けることもあります。 

5.更年期障害と心身症の関係

①心身症とは

心身症とは、「さまざまな身体疾患のうち、発症や経過に心理的・社会的ストレスの影響で、機能的な障害を伴った症候群」とされています。ストレスなどの精神的なことが原因となり、体の病気が起きたり、前にある病気が悪化したりする状態です。つまり、日常生活における一般的なストレスに加え、心理的な葛藤があることで心身症が起きやすいと言われています。 

心身症の主な症状には、頭痛や腹痛、手足の痛みなど、胃のもたれ感、吐き気、全身倦怠感が目立っています。このような身体症状と原因となる疾患は密接に関係しており、一般的な治療ではなく心療内科での専門的な治療が必要になります。 

また、ご本人が心理的ストレスにより心身症を発症していることに気付かないケースもあります。原因となる疾患にばかり目が行きがちですが、心療内科では「こころと体の関係」への気づきを深めていくための治療を行います。 

②更年期障害による症状の再発を恐れることで発症

更年期障害は婦人科の病気ではありますが、生活習慣やストレス、疲労なども大きく関与していると考えられています。そして、更年期障害と心身症は密接に関わっています。 

更年期障害による、精神的な症状や身体的な症状が重い場合は、またいつ起こるか分からない症状に対して不安や恐怖心がストレスとなり、自律神経系に影響を与えてしまいます。その結果、ストレスがかからなければ起きなかっためまいや耳鳴り、吐き気などの症状が現れることもあります。これが心身症であり、心身症による症状がまたストレスとなり、自律神経系にさらなる不調を来すといった悪循環をまねくことにつながります。 

この更年期障害の症状への不安から心身症になり、その結果さらに心身症が強くなることがあります。更年期障害の症状も、心身症もリラックスして生活することが大切です。ストレスを完全になくすことは困難ですが、治療を受けると共に充分な睡眠や休息、適度な運動など日常生活に取り入れることで、症状を軽くできるでしょう。 

6.【ご自分でできる】更年期障害による心身症の予防と対策

更年期障害は、女性ホルモンの分泌が急激に低下することで強い心身の症状が現れる、女性特有の疾患です。そして、日常生活におけるストレスや疲れ、睡眠不足なども症状の悪化の要因とされています。更年期障害はそれ自体が直接命に関わらない病気であっても、その症状には精神的に参ってしまう症状や身体的な苦痛症状によって、日常生活を送るのに支障をきたすことがあります。 

治療をしていても、そのような症状が起きて身体が辛くなる不安から心身症を発症することにもつながります。更年期障害の症状に負けない気持ちを持つことが最も大切です。適切な治療が行えれば、症状を緩和することは可能で、簡単に治るわけではありませんが治療に向き合っていくことが大切です。 

また、心身症の症状が強い場合は、更年期障害の症状に対する治療を続けながら、当院で心身症に対する治療を行うことをおすすめします。更年期障害と心身症どちらの症状も改善することが期待できます。諦めずに治療を継続していきましょう。