躁うつ病(双極性障害)とは

躁うつ病(双極性障害)とは

この記事のもくじ

はじめに

双極性障害は、あまり馴染みのない病名かも知れませんが、実は「躁うつ病」と呼ばれていた病気のことです。日本では躁うつ病と呼んでいましたが、用語を世界的に統一しようという流れのなかで、名称が変更され、双極性障害となりました。この双極性障害は、統合失調症(以前は精神分裂病と言われていた)と並んで二大精神疾患の一つで、気分障害のひとつでもあります。


双極性障害の“双極”とは、気分が両極端の状態に交互にぶれることを意味します。一方の極は躁状態といって、気分が爽快で、元気いっぱいで、意欲満々の最高の状態であるのに対し、もう一方の極はうつ状態といって、憂うつで気分が落ち込み、意欲がない最低の状態をいいます。双極性障害では、この躁状態とうつ状態が交互に繰り返して現れます。どちらの症状が先に現れるかは人によって違い、また生涯の発症回数も人によって異なります。


ただし双極性障害の場合、躁やうつがこのようにはっきり現れていれば、双極性障害と診断がつきやすいのですが、躁が軽いタイプの場合、単極性のうつ病と誤診されるケースが非常に多く認められます。その場合、うつ病の治療を続けますので、結果的に病気はなかなか治らないことがあります。現在、うつ病の治療をきちんと受けていていながら治らない場合、じつは双極性障害だったということは十分にあり得ることです。


このように診断が難しいのが双極性障害の特徴です。初診で、単極性のうつ病なのか、それとも双極性なのか、最近注目されている非定型うつ病なのか、それともまったく別の病気なのか、専門医でも診断に悩むところです。それはいろいろな理由によりますが、これまで日本の精神医学は、長い間、臨床や研究においては統合失調症が中心であったため、双極性障害についてはあまり焦点が当てられなかったという側面があります。統合失調症に比べると、双極性障害の躁状態やうつ状態は軽い病気としか受け止められていなかったのです。


また、躁うつ病という病名が使われていた時代には、医療現場では少なからず診断や治療において混乱が生じていたことも事実です。そのひとつは、躁うつ病のうつ状態と、うつ病のうつ状態の違いでした。これは一見うつ状態ではよく似ていますが、治療においては全く異なってきます。にもかかわらず、同じような治療がなされていたり、また躁とうつの状態を繰り返して発症する躁うつ病であるにもかかわらず、躁状態の時だけをとらえて躁病として診断したり、同様にうつ状態の時だけを診断してうつ病と診断しまうこともあります。したがって、正しい診断や治療がされなかったために、躁うつ病が悪化してしまうことになっていたのです。

日本での双極性障害はまだまだ研究途上にある疾患のため、その位置づけは今もって曖昧です。事実、双極性障害をうつ病に含める傾向もある一方で、うつ病は双極性障害のひとつではないかという考え方もあります。少しずつではあるが、その後の研究によって双極性障害の病態が徐々に明らかになってきている面もあります。そうした中で、双極性障害かもしれないとわかったら、早く手をうつことが大切です。この病気で失うものは決して小さくありません。時によっては、仕事や家族、社会的な信用や財産を失うばかりか、最悪の場合は命まで失うケースもあります。

他の病気もそうですが、特に双極性障害はうつ病と比べるとやっかいな病気だけに、早期発見と早期治療が重要となってきます。それは次の2つの意味で重要です。1つは「社会生活上の損失を少しでもくい止めるため」です。特に躁状態では、人間関係を悪化させて職場をクビになったり、金遣いが荒くなって破産したり、離婚したりするケースが多いからです。2つ目は「治らなかったうつ状態が改善する可能性がある」ということです。うつ病の治療薬である抗うつ薬は、双極性のうつ状態にはあまり効かないこともあり、早期発見で治療法を見直して、うつ状態を改善することは可能となります。

双極性障害が招く深刻な事態が分かってきたため、近年、双極性障害は重大な疾患であるという認識が医師の間で高まってきており、精神医学会でも注目されている疾患です。たしかに双極性障害は、うつ病に比べたら一般的にはまだまだ知られていない病気ですが、双極性障害自体はけっして稀な病気ではなく、身内や友人、また職場や地域において見聞きする機会が最近多くなってきています。今後、ポピュラーな精神疾患になることも予想されます。

国際的診断基準としてのDSM

医療現場における混乱は、躁うつ病とうつ病の関係にかぎらず、他の精神疾患においてもありました。医師によって診断と治療法が異なるという状況が、日本に限らず他の国においても生じたため、これは患者さんにとって不利益になるばかりか、精神疾患の研究に取り組む医師においても不都合となるため、この状況を打開しようということで、アメリカ精神医学会がひとつひとつの病気に対して、操作的診断基準とよばれるものを作ったのです。

それが、DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)とよばれるもので、その後何度か改訂され、現在第四版(DSM-Ⅳ-TR)まで発行されています。いま欧米諸国やアジア諸国、日本など世界中の医師が、この診断基準に基づいて診断や治療を行っています。またこれとは別に、WHO(世界保健機関)が作ったICD-10という分類リストがありますが、これは精神疾患の分類や統計の目的でつくられたもので、DSMのように統一された診断基準を目的にして作られたものではないために臨床診断には向いていません。

双極性障害は最初にも述べたように、「躁」と「うつ」が入れ替わり現れる状態をいいますが、その場合の躁とうつは、DSM-Ⅳ-TRにおいては、一般に一つの病気として扱う躁病やうつ病とは明確に区別されています。DSMでは、双極性障害における躁の状態を「躁病エピソード」といい、同じくうつの状態を「大うつ病エピソード」と呼んでいます。ここでいうエピソードとは、ある一定の期間のことですので、双極性障害の症状のようにある一定期間に現れる特徴的な躁の状態やうつの状態を意味しているのです。従って、これらのエピソードはそれ自身では診断コードはありません。独立した疾患単位として診断することはできないが、疾患の診断の構成部分として用いられるのです。   

以上のことから、DSMでは躁病エピソードと大うつ病エピソードを伴う一つの病気(これまで躁うつ病と呼ばれていた病気)を「双極性障害」と定義しているのです。DSM-Ⅳ-TRにおける双極性障害の診断基準は、「病状の組み合わせとしてのエピソード」と「エピソードの組み合わせで定義される疾患」という二段階で診断されることになりました。 

では、現実に日本における精神医療の現状について、すべてDSM-Ⅳ-TRの診断基準に基づいてきちんと行われているかとなると、必ずしもそうではありません。確かに双極性障害という診断名が、ある程度浸透してはきましたが、躁病エピソードや大うつ病エピソード、大うつ病といった言葉にはまだまだ馴染めないのが現状です。ただ、双極性障害という病名が少しずつ受け入れられるようになったことで、躁状態やうつ状態が単に躁病やうつ病といった単一の病気とは違い、あくまでも躁状態とうつ状態を繰り返す一連の病相のひとつとしての認識が得られるようになったことは事実です。

とはいっても、「うつ状態」という言葉の概念は依然として曖昧のままです。うつ状態が、大うつ病エピソードのことをいうのか、あるいはその基準を満たさない軽いうつ状態までを含めていうのか漠然としています。一方、大うつ病エピソードのことを「双極性うつ病」と呼んでみたり、またうつ病の中に双極性障害を含めてみたりする動きもあって、精神医療に関わる人たちの間でも混乱を招いているのが現状です。いずれにしても、臨床現場では患者さんに分かりやすく説明する必要があるために、今まで通りの「うつ状態」とか「うつ病」といった言葉を使って話しているのが現状です。

以上のような実情を踏まえて、大うつ病はうつ病、大うつ病エピソードはうつ状態、躁病エピソードは躁状態と呼ぶことにします。ただし、DSM-Ⅳに基づいた診断基準を示す場合は、エピソード表記する場合もあります。また、身体的要因が特定できないものをうつ病、身体的要因が特定できるものを、○○性うつ病、○○性うつ病のうつ状態と表記して区別することにします。

躁うつ病(双極性障害)の症状

双極性障害の症状といえば、なんと言っても現れる症状が真逆の状態になるということです。簡単に言えば、元気が出すぎる躁病の時期と、意気消沈するうつ病の時期が交互に発症するという特異な病気です。躁病とうつ病といった全く相反する症状が反復して同一の人に現れるが、それがどちらの症状が先に現れるか、症状の程度(強い・弱い、重い・軽い)、また生涯に起きる病相回数などは人によって様々で一定していません。

このように、個々の病相がその時々によって発症するため、一定期間の病相だけをとらえて診断すると、双極性の病気の全体像が見えなくなってしまいます。例えば、双極性障害のうつ病態だけをピックアップすると、単極性のうつ病とほとんど区別がつきません。うつ状態の時に受診すると、診察した医師はほとんどの場合、うつ病と判断するでしょう。患者さんが、以前に自分が躁状態になったことを医師に伝えなければ、うつ病と診断されても無理からぬ話です。双極性障害の人がうつ病と診断され、そのままうつ病の治療を続けていきますと、症状が改善されないばかりか、かえって悪化することさえあります。なかなか治らないうつ病は、双極性障害である可能性が高いということです。

それでは、双極性障害の場合の具体的なケースを紹介しましょう。

ケース・1
結婚し、妊娠して一児を出産した女性が、これから子育てに専念しようと思っていた矢先に、なぜか気分が急に落ち込んで何もする気にならなくなった。子どもが泣いていても放ったらかし、家事も手につかず。何も楽しいことがなく、毎日ボーッと過ごしていたが、ある日突然こんなことをしてはいられないと奮い立つ。朝からはしゃいでメイクをバッチリし、ありったけのアクセサリーを身につけ、普段したことのない派手な服装をして外出した。
デパートや専門店をまわり、高額な服やアクセサリーをカードでバンバン買い込む。今度は、別荘を契約すると言い出した。カードの決済金額をみて、真っ青になった夫は、このままだと自己破産になりかねないと思い、最初は怒っていたが、妻の行動に不審をいだき、これは心の病かもしれないと考えた。妻に病院に行くよう勧めたが聞く耳をもたず。何度も説得して、ようやく一緒に受診した。結果は躁の状態と診断された。
ケース・2
某企業の部長職をしている50代の男性。折からの不景気で会社の業績が不振を続け、責任を感じて全国あちこちに出張して多忙を極めていた。激務の毎日で疲れがピークに達していた。この日も深夜の帰宅でヘトヘトだったが、それでも今夜中に報告書を書かなければならなかった。

ところが、翌日の営業会議では前日の疲れを感じさせないほどのハイテンション。どこまで本気かわからないほど、驚くような発言が飛び出す。仕事も絶好調だといい、会議終了後にはあちこちに電話をかけまくった。さらに数日後の会議では、会社の規模では考えられないような提案を連発。新商品を今すぐに出すといい、テレビCMには有名な女優を使うといい、ニューヨークに支店を出すと意気込んだ。さすがにそれを見ていた部下も変だと思いはじめた。

嵐のような日々が過ぎたころ、一気に疲れが出たのか、あのときの勢いが何所へやら消え失せて、全く元気がなくなった。夜も眠れないし、何をする気も起きない。ついに体調が悪いといって会社を休んでしまった。自分の言動を思い出しては落ち込む毎日。会社のみんなに申し訳ない、もう辞めるしかないと言い、ついに寝込んでしまった。

ケース・3
30代のサラリーマンの男性は、半年ほど前から気持ちがひどく落ち込み、何もかもが辛くなってしまった。どこか体が悪いのかと思い、近所の内科で診察を受けたが、どこも異常なし。そこで精神科のクリニックを紹介され、受診したところ、「うつ病でしょう。休養が大切です」と診断された。会社に診断書を提出し、しばらく休職することに。クリニックには定期的に通い、処方された薬をきちんと飲んでいたが、なかなか良くならない。不安がつのる一方で薬の量は増えるばかり。ついに起きられなくなった。

時間の経過とともにイライラするようになり、ある晩、どうにも腹が立ってついに怒りが爆発。あちこちへ電話をかけまくって、医師への不満をぶちまけた。「あの医者は何も分かっていない。バカだ」と暴言を言う始末。興奮してきて朝まで電話をかけたがそれでも気持ちが収まらず、「直接クリニックに行って説教してやる」と言い出した。

以上のようなケースは一例で、このほか年齢や性別や仕事など様々なケースにおいて双極性障害が発症する可能性があります。すでに述べたように、双極性障害の症状を整理すると、「躁状態」と「うつ状態」の2つに分けられます。それぞれの症状にはどのような特徴があるか、以下詳しくみていきます。

躁状態の症状

躁状態というのは、一口で言えば「気分が高揚し、万能感に満ちあふれる状態」のことを言います。それは単に陽気で快活でエネルギッシュな状態という表現では不十分で、第三者がそれを見ると、尋常ではない危うさや痛々しさを伴っていて、その言動にはある種の異常性さえ垣間みることができます。躁状態の特徴は以下の通りです。

1.感情面に現れる特徴(高揚してオレ様気分)
◇ 自分は何でも出来る万能な存在で、尊敬されるべき最高な人間であると思う。
◇ 上機嫌で陽気な表情。おしゃべりになり、冗談を絶えず言い、よく笑う。
◇ 全身にエネルギーが満ちあふれていて、将来は明るい人生が待ち受けているように思う。
◇ 注意力が散漫になる。
2.思考面に現れる特徴(思いつきばかりで、集中しない)
◇ アイディアがこんこんと湧き、爽快な気分。酒に酔ったときのようないい気分になる。
◇ 物事を楽天的にとらえ、出来そうもないことを口にしてすぐに決断する。
◇ 話し続けなければならないというプレッシャーを常に感じる。
◇ 記憶の外に遠ざかっていた過去の思い出がよみがえってくる。
◇ 誇大妄想を生み出すこともある。
3.行動面に現れる特徴(ブレーキがきかず、突っ走る)
◇ 他人を指図したり、干渉したり、命令的になって高圧的な態度にでる。
◇ 新しいプランや目標を放ったらかしにし、意味もなく動き回る。
◇ お金を湯水のごとく使い、借金まですることもあるので、後で深刻な状況に陥ることがある。
◇ 周囲の人と衝突する。職場では上司や同僚を怒らせ、結果的に自分の評判を落とす。
◇ スピード運転をしたり、普段しないような路上での危険な行為に及ぶ。
4.身体面に現れる特徴(あらゆる欲求が高まる)
◇ エネルギーに満ちあふれているため、眠る時間がもったいないと考え、一晩中動き回るためろくに眠れず、睡眠不足になる。
◇ 眠ったとしてもすぐに目が覚め、頭も冴えて眠りに戻ることができない。
◇ 睡眠時間が減っているにも関わらず、その日1日中うまくやり通すことができるように感じる。
◇ 食欲が亢進することが多いが体重が増えない。
◇ 性欲が亢進し、性的に逸脱することもある。

以上の諸症状でわかるように、元気や陽気だけでは説明できない度を超したもので、常軌を逸した言動にでます。しかし、本人はまったく病気であるという意識や自覚はなく、むしろこういった自分の考えや行動は正しいと思い込んでいます。周囲が病院へ行くように勧めても、聞く耳をもたず、治療を受けたいとも思っていません。

うつ状態の症状

うつ状態を一言でいうと「エネルギーが枯渇し、気分が落ち込む」ことです。それは、日常的に感じる憂うつな気分よりも、もっと重いものです。単なる落ち込みだけではなく、心のエネルギーが消失したようになり、感情そのものが停滞してしまいます。うつ状態の特徴は以下の通りです。

1.感情面に現れる特徴(憂うつで苦しく、悲しい)
◇ 悲哀感や絶望感が強く、物事をすべて悲観的にとらえる。
◇ 何を聞いても見ても、楽しい気分が湧いてこない。
◇ 常にイライラする。
◇ 周囲が楽しそうにしていると、うるさく感じる。自分の暗い気持ちが浮き彫りになって、つらくなる。
◇ つらさすら感じない、何の感情も湧かない、という人もいる。
◇ 他人と比べて、自分は何の価値もない人間のように思える。
◇ 自分自身を責める。
2.思考面に現れる特徴(悲観的にしか考えられない)
◇ 物事を後ろ向きにとらえ、悪い事態しか考えられない。
◇ 未来への希望もなければ展望もなく、自信もない。
◇ 暗澹たる考えが頭の中をかけ巡り、ぐるぐる思考から抜け出せない。
(つらい→休みたい→休めない→頑張らないといけない→頑張れない→自己嫌悪になる→つらい…)。
◇ 思考力や集中力が減退し、決断できない。何を着たらよいか?何を食べたらよいか?という小さな決断までが億劫に感じる。
◇ ちょっとした刺激が気に障って、怒りが湧いてくる。
◇ 自己否定の妄想にとりつかれる。
3.行動面に現れる特徴(何も手につかない)
◇ 毎日の仕事や家事、食事や入浴など、基本的な生活への意欲が削がれて何もしたくなくなり、日常生活に支障が出てくる。
◇ 趣味や道楽すら億劫になる。無理にやっても、かえってエネルギーが削がれ、状態が悪化する。
◇ 何かしなければと焦るが、実際には何もできない。
◇ ソワソワして、意味もなく歩き回ったりする。
◇ 人付き合いが悪くなり、誰にも会いたくなくなる。
◇ 症状が重篤になると、自殺願望が強くなる。
4.身体面に現れる特徴(ひどい疲労と体調不良)
◇ 早朝や深夜に目が覚めてしまい、以降眠れなくなる。
◇ 眠ることが出来ても、すぐに目が覚めてしまう。躁の不眠と比べ、うつの不眠はかなり苦痛に感じる。
◇ あらゆる欲望が低下し、食欲も落ちる。
◇ 疲れやすい、頭痛がする、手足がしびれる、寒気がする、めまい、肩こり、吐き気、口が渇くなどの自覚症状を訴える。

深刻なのは「うつ」より「躁」状態のとき

双極性障害の患者さんをかかえる家族や職場では、症状が出ることによって不安や心配は常にありますが、中でもより深刻な事態を招く症状といえば「うつ」より「躁」の状態の時です。うつ状態の場合、本人が暗い表情をしていたり、不機嫌だったり、またふさぎ込んで外出もしないでいれば、たいてい家族や周囲の人は「少し様子がおかしい!」と気づくものです。ところが、躁状態のときは周囲の人であっても、それが病気だとはなかなか気づかないものです。それは、躁状態というのが、一見すると元気で活発で生き生きしていて健康的に見えるからです。もちろん、本人も自分が病気だとはさらさら自覚していません。こうした、意識のずれや感覚がやがて双方にとって大きな問題をはらむ結果になります。

それは、まず躁状態の患者さんの言動から始まります。あまりにも元気がいいので、つい周囲はそれに振り回されることになり、やがて家族に対して傷つくような言葉を平気で言うようになります。「あんたみたいなダサイ男と一緒にいたくないわ!」と、夫に面と向かって言い、乳飲み子を放ったらかして外出します。引き止めてもバカにされるだけで聞く耳をもたない。1回や2回なら耐えれても、それが度重なると、さすがの夫も堪えます。たとえ、病気のせいだと分かっていても、辛いものです。

問題なのは、本人が躁状態であることに対して、まったく自覚がないことです。自分が絶対に正しいと思っていますから、家族の言うことは一切聞きません。言動を注意したりすると怒りだし、怒鳴ったりします。ついに夫や家族は、夜中一睡もできず疲れきり、精神的にも追い込まれます。こうしたトラブルの先にあるものは、育児放棄、多額の借金、家庭崩壊、離婚などの結末です。

これは職場であっても同じです。取引先と出来もしない約束をしたり、会社のお金を使い込んだり、同僚や職場を訴えて法的なトラブルを起こしたりします。当然職場にはいられなくなり、解雇、辞職、退職など深刻な事態が待っています。

その点、うつ状態は躁状態ほど深刻な事態は招きません。うつ状態の場合、それが病気であることがすぐに分かりやすく、夫も仕事の後の家事や育児は大変だけれど、妻を支えてやらなければという気持ちになります。また家族も温かく見守ったり、支えたり、助けたりすることができます。おとなしく落ち着いている分だけ、有り難く感じます。また会社であれば、長期欠勤ということになり、その分同僚がその人の仕事をカバーしなければなりませんが、会社はそれなりに対応することはできます。

いずれにしても、躁状態はうつ状態とくらべて深刻なトラブルの原因になっていることは確かです。気持ちが高ぶり、すこぶる上機嫌になって、誇大妄想にとりつかれると、常軌を逸した行動に出るために、結果的に人生そのものを損なうことになります。具体的にどのようなトラブルが起こるのか例を挙げてみましょう。

  • 夜中に電話をかけまくる(相手の都合などおかまいなしに)→友人が離れていき、人間関係が壊れる。
  • 寝ないで動き回る(体が徐々に痩せていく場合がある)→体を壊し、他の病気を併発することもある。
  • 高価なものや必要ないものを買いまくる(カードを使ってバンバン買う)→自己破産する。
  • 家族を振り回す(ジェットコースターに乗っているような気分)→別居や離婚。
  • 無計画な仕事や大言壮語(相手をバカにした態度をとる)→解雇され職を失う。
  • ハメをはずしたり攻撃的になる(飲酒運転やスピード違反)→犯罪。

以上のように、双極性障害の躁状態では、人間として失うものがあまりにも大きいので、周囲が早く気づいてあげることが重要です。そして専門医を受診させ、早期に治療することが重要なポイントとなります。また再発しやすいので、薬によって病気をコントロールしたり、また予防していくことも大切です。

 

体や心の不調、上記の症状などでお悩み方はまずは、お気軽にご相談ください!

大阪「東梅田駅」徒歩1分。「泉の広場」すぐ

診療時間:平日21時まで、土日も終日診療

予約受付

06-7777-4070