オンライン診療問診票

オンライン診療同意書

オンライン診療を受けるに当たって、下記の注意事項をよくお読みご利用ください。

注意事項

1. オンライン診療では直接の対面による診療に比べて、医療機器を用いた検査・血液検査や尿検査等の臨床検査等・聴診・触診などを行うことができないなどの理由により、患者様の心身の状態 に関して得られる情報が限定されます。オンライン診療による診療行為の限界等を正しく理解した上で受診をお願いいたします。

2. オンライン診療は、患者様がその利点や生ずる恐れのある不利益などについて理解したうえで、患者様が求める場合に実施されます。

3. オンライン診療を実施する都度、医師がオンライン診療の実施の可否を判断します。

4. オンライン診療では、医師から患者様およびその家族などに対して、オンライン診療の利点やこれにより生ずる恐れのある不利益などについて、事前に説明する必要があります。

5. 当院から提供される情報について、ご不明な点や不安なことがありましたら何でもご相談ください。

6. オンライン診療を開始するにあたり、従来の法的解釈において初診は原則として直接の対面による診療が必要です。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により令和2年4月10日から時限的緩和措置としてオンライン診療による初診を可能とする通達が厚生労働省より発出されました。

7. オンライン診療では、原則として同一の医師による診療となり、必要に応じて直接の対面による診療と組み合わせて行うことができます。緊急時対応などがありましたら、適宜ご相談ください。

8. 医療機器を用いた疾病の診断や健康診断などの目的でのオンライン診療の利用は不向きです。ご利用をお控えください。

9. 体調の変化やお困りのことがございましたら、軽い症状でも必ずご相談ください。状況に応じて、対面診療をご案内する場合があります。

10. ご家族やご友人を含め、第三者に患者様の個人情報・医療情報が伝わることのないよう、プライバシーに十分配慮された環境で診療を行います。

11. オンライン診療では、対面による診療と同様に診療録の記載が必要となります。医療情報の保管に関するガイドラインなどと同様に診療情報を保管します。

12. オンライン診療受診にかかわる出来事はすべて自己責任となります。当院からはトラブルが最小化するよう最大限の努力を行いますが、診療における結果に際して、当院に故意または過失のない限り、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

13. オンライン診療を担当する医師が医師免許証を有していることをご確認ください。

14. オンライン診療を受けるにあたり、顔写真の撮影、身分証明書の確認を実施いたします。

15. オンライン診療を受けたあと、お薬の郵送を希望される方は調剤を担当する薬剤師が薬剤師免許を有していることをご確認ください。

16. 電話/ビデオでの会話に2回以上でなかった場合はキャンセル料500円が発生いたします。

私は、「オンライン診療」につきまして、上記記載の事項を読み、その内容を理解しました。注意事項に従って受診することを同意いたします。

医療法人社団雅会 大阪メンタルクリニック 理事長