大阪「東梅田駅」徒歩1分。「泉の広場」すぐ

平日21時まで、土日も終日診療

24時間予約OK

06-7777-4070

オンライン予約はこちら

下記の症状で1つでも当てはまる方は、
ひとりで悩まず、まずは一度ご相談ください


たくさんの方が、このような症状で来院されています。
下記以外にも、「こんなことでも受診できるのかな??」と迷ったら
まずはご相談ください!

安心ください!

当院ならそんな症状やお悩み

解決します!!

体や心の不調、上記の症状などでお悩み方はまずは、お気軽にご相談ください!

大阪「東梅田駅」徒歩1分。「泉の広場」すぐ

平日21時まで、土日も終日診療

24時間予約OK

06-7777-4070

オンライン予約はこちら
Point1

アメリカなど英語圏を中心に、
世界90カ国以上で導入されている
使用頻度の高い検査!

Point2

患者様のストレスを軽減させる
 所要時間の短い簡易診断!

MMPI診断とは?

ミネソタ多面人格目録(MMPI:Minnesota Multiphasic Personality Inventory)は、1943年に心理学者ハサウェイ(Hathaway, S. R.)と、精神医学者マッキンリー(Mckinley, J. C.)によって開発された「質問紙法」による心理査定で、本国アメリカなど英語圏の国を中心に、90以上の国で用いられる世界的に使用頻度の高い検査です。日本では、1993年に「MMPI新日本版」が発表されましたが広く普及するに至っていません。 MMPIは、検査の妥当性を測定するために“4つの尺度”を検査し、10の“臨床尺度”「①心気症」「②抑うつ」「③ヒステリー」「④精神病質的偏奇」「⑤パラノイア」「⑥神経衰弱」「⑦統合失調症」「⑧軽躁病」「⑨男性性・女性性」「⑩社会的内向性」によって、各尺度の傾向と性格特性を検査します。

◎MMPIの優れている点

質問への回答から、パーソナリティや臨床評価を多面的に捉えることができます。また、この検査に対してどのような構え・態度で臨んだのか?をとらえる“妥当性尺度”も用意されおり、周囲に対してどのような対処パターンを取りやすいかという、パーソナリティのごく基本的な特徴を表しています。さらに、パーソナリティや臨床評価の様々な側面を表す“臨床尺度”が10個用意されています。より詳しいパーソナリティの特徴はこの尺度の組み合わせによって表現されます。質問への回答は具体的な数値で扱われるため、結果→解釈への流れが客観的で分かりやすく、検査を実施した人によって結果に影響を与えることが比較的少ないのも優れいているポイントのひとつです。
■ 対象年齢: 15才~ ■ 所要時間: 約60分 ■ 査定方法: 566項目の質問に「あてはまる」「あてはまらない」「どちらでもない」の いずれかを選択します。

“うつ病”が疑われる35歳男性の場合

氏   名:〇〇〇〇〇〇
性   別:男性
年   齢:35 歳
実 施 日:〇〇〇〇年〇〇月〇〇日
実 施 者:
住 所:〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
学 歴:〇〇〇〇〇〇大学卒業
職 業:会社員
婚姻状態:〇婚
兄弟姉妹:2歳年長の姉
主症状:3年

職場でマネージャに昇格となり、部下の指導が主な業務となったが自身が行う従来の業務も並行して行っていたところ、1年目より自分の業務の進捗状況に遅れが生じるようになり、次第に帰宅時間も遅くなった。2年目には土日も自宅で自分の業務を行うようになり、十分な睡眠が取れず、食欲も低下し体重が3kg減少。仕事のミスが増え業務が捗らなくなった。3年目、ベッドから起きられなくなり家族の勧めで心療内科を受診。
真面目な性格で職場においても他の社員から頼りにされる存在であった。

受検態度

このプロファイルの妥当性はおそらく高い。被験者の真の状態は正確に記述されており、現在の精神状態が反映されていると考えられる。些細な欠点や過失を自認したり、否認する割合に問題はなく、良い自己像を作り上げようと努力している世慣れた人で、社会的に順応しようとしている。質問に理性的、かつ、適切に回答している。ストレスから自由で、適応は良好な場合が多い。自分の心を打ち明ける傾向と、秘密にしておく傾向のバランスがとれている。自由でオープンな自己像を持ち、社会的な制約を受け入れる傾向がある。充分な内的資質があり、一般的に適応は良好である。

主要な精神症状

抑うつ症状は明らかである。生活全般で些細なことにも悩み、悲観的で、罪悪感に捕らわれやすい。自分を過小評価し、社会から引きこもってしまう傾向がある。もし、抑うつ状態が表面化していなければ、逆に注意が必要である。記憶力や集中力など、精神機能に自信が欠け、ひどい不信感を抱いている。エネルギーや活動性のレベルがかなり低く、無関心、無気力で、動機付けるのはむずかしい。状況的な原因に基づく疲労か、あるいは、抑うつ状態が示唆される。身体症状をあまり訴えることはなく、身体機能への関心は現実的なものである。健康についての関心が普通で、身体に関する苦痛は認めていない。また、感覚、動作、身体に関する心理的な不快感は普通程度であり、特に強い苦痛は認められない。記憶力、注意力、集中力は正常である。

対人関係の特徴

伝統的に男性的とされる役割を強調し、その意識は強迫的で融通が利かない。考えるよりも行動する方を好み、のんきで、冒険的、粗野な印象を与える。宗教的信念が強く、行動は宗教的なものに動機付けられている。多くの宗教的信念や信仰上の見解が唯一真実であると考える傾向が強い。

その他の人格と行動の特徴

他人をほどよく尊重し、思いやる傾向がある。態度は柔軟で、感受性が強すぎることはない。一般的な不安のレベルは普通くらいである。心配症の程度は標準的である。自己顕示欲求に関係した態度や行動は普通程度である。しかし、精神的、肉体的な機能不全感を訴える。注目と激励を必要とする。具体的な事柄と理論的な事柄の両方にほど良い関心がある。しかし、風変りで、当惑するような事が自動的に頭に浮かび、それを統制できない。自分の心理的弱点が気掛かりで、無為、無力症、広範囲の制止、退行などが見られる。 社会的に外向的なところと内向的なところの均衡がとれている。実りある社会的関係が維持できる場合が多い。家庭や家族の状況は標準的であり、家族関係で重大な問題は認められない。自尊心や他人の意見に対する感受性は普通くらいである。自分の行為から生じた責任は進んで受け入れる。仲間に対する倫理感や義務感があり、頼もしく、信頼できる。敵意や攻撃衝動の強さは普通程度であり、ほどよく怒りを表出する。

診断印象

比較的はっきりとした、単純な急性の抑うつ反応と考えられる。抑うつ感情が伴わない場合もあるが、不適格だという感情に悩まされ、優柔不断、引込思案で、自信が欠けている。疲労感、不眠、食欲不振を訴え、精神運動性遅滞を伴うこともある。自分を非難する傾向が強く、将来に関しては悲観的で、強い罪の意識に悩まされやすい。自殺の可能性も一応検討しておくべきである。診断が要求される場合は、気分障害(うつ病性)の可能性を検討すべきである。 目立ったストレス症状は現れていない。仕事や生活を適切に組織化する能力がある。ストレスを受けていない気楽な状態であるか、あるいは、ストレス耐性の強いことがうかがわれる。 ※以下の臨床尺度の何れにおいても抑うつ・心労尺度の素点が非常に高く、同様にうつ病が強く疑われる。

MMPI診断の数値で
見える化

×

1人ひとりの患者様との
対話診察

Answer

2つを総合的に判断し
 オーダーメイド治療を行います!

体や心の不調、上記の症状などでお悩み方はまずは、お気軽にご相談ください!

大阪「東梅田駅」徒歩1分。「泉の広場」すぐ

平日21時まで、土日も終日診療

24時間予約OK

06-7777-4070

オンライン予約はこちら

当院が選ばれる6つの特徴

毎日初診受付が可能ウェブ問診で待ち時間短縮!

初診・再診ともに毎日受付。混雑が予想される平日16:00-19:00・土日終日は、待ち時間短縮のためオンライン予約が便利です。さらに、来院される前に自宅に居ながらオンラインでウェブ問診をご入力頂くと、さらに待ち時間を短縮できます。

お仕事帰りでも通院できる平日21時まで診療!

お仕事帰りも来院いただけるように、平日21時まで診療を行っております。平日夜間・土日も休まず毎日初診・再診を行っています。つらい時は、我慢せず、お気軽にお越しください。

経験豊富な医師による厳格な診断と適切な治療!

経験豊富な医師による詳細な問診と診断基準であるDSM-Ⅳ-TR・DSM-5・ICD-10・プログラム補助診断・簡易診断テストを用いて厳格な診断と適切な治療を行います。定期的な症状改善度評価を行って治療内容や投薬内容を再評価します。

一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療!

ただ単にお薬を出すだけでなく、一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療を心掛けます。医師が必要性を認めた方は認知行動療法や暴露反応妨害療法などの行動療法も積極的に行っていきます。

強いお薬は極力使用しません!

当院では、お薬は極力使用せずに治療を行います。薬剤の減薬外来も行っています。特殊な抗不安薬による治療も行っています。

公認心理師・臨床心理士カウンセリング!

体調がなかなか安定しない、HSPで悩んでいる、カップル・夫婦の悩み、子育ての悩みなど…不安やお悩み、困りごとを解消するために、心理学の専門家である公認心理師・臨床心理士が医師と共にあなたをサポートいたします。

Q&A よくある質問

初めて診察を受けるのですが、どうすれば良いですか?
当クリニックへ初めてお越しの方は、ご予約をお願いいたします。混雑予想時間帯の待ち時間短縮、土曜日曜終日などの混雑予想時間帯の待ち時間短縮には、24時間予約可能なオンライン予約が便利で簡単です。初めての方は、ご来院頂いた後、まずは問診票またはウェブ問診をご記入下さい。
現在抱えているストレスや些細な悩み相談だけでもカウンセリングは受けられますか?
はい、受けられます。長期間ストレスをためこんでしまうと、身体に様々な影響が及ぶ可能性や、大きな病気の誘引にもつながるため、お気軽にご相談ください。また、当クリニックでは、自律神経のバランスを分析できるストレス測定も行っています。
当日の持ち物を教えて下さい。
「健康保険証」をご持参ください。また、お薬手帳など、現在内服中のお薬の詳細がわかるものや主治医もしくは産業医からの紹介状(診療情報提供書)があれば一緒にお持ちいただけますようお願いいたします。 ※現在、医療機関を受診されていない方は「健康保険証」のみご持参ください。
「診断テスト」とはなんですか?
■ コンピュータープログラム自動診断(ご希望の方のみ) コンピュータープログラムによる人格・心理・疾患診断テスト(所要時間約70分)をご希望される方のみ実施いたします。 相応の集中力や注意持続力が要求されるため、病状の程度が中等度以上の方の場合は精神療法や薬物療法である程度回復する まで実施を延期する場合がございます。 ■ スマホ診断補助テスト お持ちのスマホで心理検査、並びに各種疾患の診断補助テストを行います。

クリニックの案内

名称 大阪メンタルクリニック
診療科目 心療内科・精神科
所在地

〒530-0051 大阪市北区太融寺8-2 エーワンビル6F

TEL: 06-7777-4070

院長

前田 雅春

【略歴】
精神科・心療内科

国立徳島大学医学部平成四年卒業
大阪大学医学部付属病院
大阪厚生年金病院(現JCHO大阪病院)
柏原赤十字病院
大阪府立母子総合医療センター
ハーバード大学医学部留学
マサチューセッツ総合病院附属研究所研究員
帰国後、医療法人社団雅会を設立
心療内科・精神科クリニック開設。

America Psychiatric Association(アメリカ精神医学会国際学会員)
Anxiety Disorders Association of America
(アメリカ不安障害学会国際学会員)
International Stress and Anxiety Conference
(国際ストレス&不安障害学会国際学会員)

日本精神神経学会

JR大阪駅・各線梅田駅からの道順

 

大阪「東梅田駅」徒歩1分。「泉の広場」すぐ

平日21時まで、土日も終日診療

24時間予約OK

06-7777-4070

オンライン予約はこちら