うつ病 疾患の詳細(5/7) うつ病の疾患詳細

うつ病 疾患の詳細(5/7)

働き盛りのうつ病(中年男性)  働き盛りというと、30~50歳代の中年男性になります。いまこの世代にうつ病(大うつ病)が急増しています。企業を対象にした調査によると、半数以上の会社で「社員に心の病が増加している」と回答しています。これを背景にしてか、特に40~50歳代にかけて自殺する人が増えています。それほどに、働き盛りの中年男性の両肩には、仕事と家庭において過重なストレスが覆いかぶさ…
うつ病 疾患の詳細(6/7) うつ病の疾患詳細

うつ病 疾患の詳細(6/7)

高齢者のうつ病  高齢者のうつ病も、最近の高齢化に伴って決して少なくありません。いうまでもなく、高齢化すると身体的な機能が低下し病気になりやすく、また配偶者や親しい知人が亡くなったりすると、生き甲斐をなくしたりします。こうしたことがきっかけになってうつ病を発症しやすくなります。ただ、高齢者の場合は認知症など他の病気もたくさん抱えていて、うつ病の診断が難しいこともあり、正確な統計はありま…
うつ病 疾患の詳細(7/7) うつ病の疾患詳細

うつ病 疾患の詳細(7/7)

子供のうつ病  受験やいじめ、不登校、両親の離婚、家庭の事情など、さまざまなことがストレスとなって、うつ病を発症する子供が増えています。うつ病にはなっていなくても、抑うつ症状の子供はかなり多いといわれます。特に、小学生のような児童期は、憂うつ気分、何をしても楽しくない、億劫な気持ち、その辛さや苦しさの気持ちを、大人達のようにうまく伝えられないため、ちょっとしたことでもイライラして感情的…
うつ病の治療方法 うつ病の治療方法

うつ病の治療方法

  うつ病治療方法 治療方法 うつ病は、適切な治療をしていけば基本的には治る病気です。早期に発見して早期に治療することが理想的ですが、患者によって状況はまちまちです。中には、かなり症状が重くなってから専門医を受診する人もいれば、軽いうつ症状のうちに受診する人もいて、治療のスタートに大きな違いがあります。したがって、症状の現れ方にも個人差がありますので、一人ひとりの症状を十分見極めて、治療…
うつ病の治療方法(薬物治療) うつ病の治療方法

うつ病の治療方法(薬物治療)

  うつ病・鬱病・治療方法・薬物治療・Depression・Major Depressive Disorder 治療方法 薬物治療 薬を正しく使う 薬は、決められた量を正しく服用することが大切です。自己判断で不適切に使うと、治療効果が得られないばかりか、副作用が起こる原因にもなります。薬物療法は、いま起きている症状を改善させると同時に、認知療法と併用することで、再発予防の効果も高められま…
うつ病の治療方法(心理療法) うつ病の治療方法

うつ病の治療方法(心理療法)

うつ病・鬱病・治療方法・心理療法・Depression・Major Depressive Disorder 治療方法 心理療法 うつ病に有効な精神療法  うつ病の症状は、薬である程度治すことはできても、病気の原因になっている心理的な問題を解決しないと、再発を繰り返すことになります。それを防ぐために用いられるのが精神療法です。精神療法は、初めに薬物療法である程度症状を落ち着かせた後、患者…
うつ病の治療期間1 うつ病の治療期間

うつ病の治療期間1

治療に要する期間と回復率 治療に要する期間  うつ病の患者が、社会復帰するまで、また完治するまでに要する治療期間は、それぞれ個人差があって一概には言えません。うつ病の初期の段階で診断を受けて、薬物療法や心理療法を受けながら、仕事を続けている人もいれば、1~3ヶ月間ぐらいの休養をした後に、仕事に復帰する人もいます。また、治療薬を何年も服用し続けても完治に至らず、ずっと治療を続けている人も…
うつ病の治療期間2 うつ病の治療期間

うつ病の治療期間2

当院でのうつ病治療成績 2012年1月~9月末の期間、当院において初診時に「うつ病」もしくは「うつ状態」にあると診断し、初診時より「レクサプロ(SSRI)」と「三環系抗うつ薬(TCA)」を組み合わせて治療を行った患者全204名を対象として、属性ごとの統計、およびSDS検査結果の改善状況をまとめた。 うつ病患者の統計 症状レベルをそれぞれ軽度(40点台)・中等度(50点台)・重度(60点…
非定型うつ病(新型うつ病) 非定型鬱病(新型うつ病)

非定型うつ病(新型うつ病)

非定型うつ病・新型うつ病・鬱病・Depression・Major Depressive Disorder 非定型うつ病(新型うつ病)  近年、今までのうつ病とは異なる、新しいタイプのうつ病が増えてきました。従来型のうつ病を「定型うつ病」(メランコリー型うつ病)とすれば、これは「非定型うつ病」(一般的に新型うつ病ともいう)と言われるものです。特に都市部を中心に急増しており、ある報告によれ…
非定型うつ病(新型うつ病)の症状 非定型鬱病(新型うつ病)

非定型うつ病(新型うつ病)の症状

非定型うつ病・新型うつ病・症状・Depression・Major Depressive Disorder 非定型うつ病の症状  気分反応性  何か良いことがあれば気分がよくなり、何か嫌なことや悪いことがあれば気分が落ち込んでしまう、といった症状を気分反応性といいます。この気分反応性こそ、非定型うつ病を診断(DSM-Ⅳ-Rの診断基準)するうえで第一条件の症状となります。気分反応性というの…