うつ病の統計頻度

うつ病の統計頻度 うつ病の統計頻度

うつ病の統計頻度

疫学的統計頻度  うつ病で苦しむ人は、世界的にみても着実に増え続けています。コロンビア大学のワイスマン教授は、1970年代半ばから1980年代後半にかけて、世界的な規模で調査しています。調査範囲は、北米、西ヨーロッパ、中東、プエルトリコ、アジア、環太平洋地域にわたり、3万9000人の地域住民に対する疫学調査と、4000人を対象にした家族調査を行いました。その結果、調査したすべての国でう…