【大阪の心療内科・東梅田駅近く】うつ病の種類と早期発見・治療のポイント・web予約可能

うつ病には自分で感じる症状として気分が重い、不安で仕方がない、やる気が起きない、楽しかったことが楽しめない、興味がなくなる、自分を責める、意欲がわかない、集中できない、眠れない、途中で目が覚める、朝早く目が覚める、物忘れがひどい、頭が回らなくなったなどがあります。また身体にも食欲不振または過食、身体のだるさ、疲れやすさ、頭痛、便秘や下痢などの症状となって現れます。

こうしたうつ病の典型的な症状を把握しておけば、早期発見や症状が悪化する前に治療を進められるので、利点は小さくありません。うつ病は誰にでも起こり得る病気なので、予備知識としてその種類と症状を把握しておきましょう。

大阪東梅田駅近くの心療内科・大阪メンタルクリニックより、うつ病の種類と早期発見・治療のポイントについてご紹介します。

うつ病とは?その種類と特徴

頭を押さえる女性

うつ病は、気分の落ち込みや、憂鬱で何をやっても楽しくない、うれしくない、楽しめない、気力がなくなり歯を磨いたりお風呂に入ったりするのさえ億劫になる、何事にも集中ができなくなる、すべて悪いほうへ考えて自分を責める、涙もろい、物忘れがひどく頭が回らないなどの症状が現れる精神疾患の一種です。

うつ病の原因は様々で、仕事上の対人関係、仕事量の多さ、仕事上のプレッシャーやストレスが原因の職場うつ、ホルモンバランスの変化、マタニティブルー、更年期障害が原因となる女性うつ、受験におけるプレッシャーやストレス起因の受験うつ、介護を通じて受けるストレスや将来への不安が起因となる介護うつがあります。

日本人のうつ病患者はここ最近増えており、一説には15年で4倍以上に増えたともいわれています。

うつ病の主な症状としては、先ほど紹介した自分で感じる症状の他、表情が暗い、涙もろい、落ち着かない、反応が遅いなど他人から見てわかるものや、身体がだるい、疲れやすい、頭痛、胃痛、肩こり、便秘、下痢、口の渇き、めまい、耳鳴り、耳詰まり感、吐き気などもうつ病の典型的な症状です。

うつ病の自覚症状があり、他の人に表情が暗いね、反応が遅いよね、などと指摘された場合は、早めに精神科や心療内科を受診しましょう。

大阪の心療内科・大阪メンタルクリニックは、初診・再診ともに予約不要でご相談いただけます。待ち時間短縮のためweb予約も承りますので、こちらからご予約ください。

うつ病克服は早期発見、早期治療がポイント

青空と波形が書かれたハートを持つ手

うつは職場や受験が原因のうつ病、産後や更年期など女性のライフサイクルの中で発症するうつ、介護疲れなどが原因となるうつなど、いつ誰が抱えてもおかしくない病気です。

不調のサインは自分では気がつきにくいのがうつの特徴でもあるのですが、自分で気づけるようになる時点では正直なところ、遅いです。

自分はうつになんかなるはずがないとタカをくくっていたり、誰にも相談できなかったり、余計な心配をかけまいと一人で抱え込んだりしてしまいがちですが、治療が遅れるほど治りにくくなるのがうつの特徴でもあります。そのため早期発見と早期治療がカギになってきます。

自分の心身の変化に関する気づきに素直に耳を傾けて、状況が難しければ早めに心療内科を訪ねましょう。決して自分だけで悩みを抱え込んではいけません。

大阪でうつ病の治療ができる心療内科をお探しなら、東梅田駅すぐ近くの大阪メンタルクリニックをご利用ください。web予約を承ります。

大阪梅田近くで心療内科をお探しなら大阪メンタルクリニックへ web予約も可能

ここまでうつ病の種類と早期発見・治療のポイントについてご紹介しました。

繰り返しになりますが、うつ病は受験期の子どもから就職後の社会人、出産前後の女性や更年期の女性、家族の介護をする方など、男女問わず幅広い年代で発症する可能性があります。早期発見と早期治療がカギになりますので、うつ病のリスクを正しく認識しておきましょう。

大阪・東梅田駅近くの大阪メンタルクリニックでは、最初に時間をかけてヒアリングを行い、各種診断テストやMMPI精神科プログラム自動診断を用いて正確に診断いたします。予約なしでご利用いただけますが、待ち時間が長くなることがございますのでweb予約をおすすめします。大阪梅田で心療内科をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

大阪の心療内科でうつ病のご相談なら大阪メンタルクリニック

院名 大阪メンタルクリニック
院長 前田 雅春
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町8−2 エーワンビル6F
TEL
URL https://osakamental.com/
診療時間 診察スケジュールにてご確認ください。
各種保険 有り