【梅田の精神科】発達障害とは?専門医によるカウンセリングの重要性 摂食障害のご相談も対応

発達障害にも自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・ADHD・ADD・LD(学習障害)と種類がいくつかあり、それぞれ対処方法が異なってきます。また発達「障害」といっても「病気」ではないので、必ずしも治療やケアが必要なものではありません。発達障害を個性とする考え方もあり、どのように対処していくかは意見が分かれるところでもあります。

大阪梅田の精神科大阪メンタルクリニックより、発達障害とは何か、精神科や心療内科の専門医によるカウンセリングの重要性についてご紹介します。

発達障害とは?その種類と特性

説明する医師

発達障害は、脳の発達が通常の場合とは違いすべて一定の早さで発達するのではなく、早く成長するところと遅く成長するところがある他、感覚過敏という特性が出るケースが多い、という特徴があります。発達障害には分類されませんが、HSP(Highly Sensitive Person)と呼ばれる、感覚や知覚が非常に鋭い方もいらっしゃいます。

発達障害は早くて幼児期から見られ、成長するにつれて自分でも得意な部分と苦手な部分を意識できるなど、本人でもわかるように顕在化していきます。発達障害の種類に自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・ADHD・ADD・LD(学習障害)があり、それぞれ異なる傾向が出ます。

自閉スペクトラム症は視線が合わない、表情が乏しい、名前を呼んでも振り向かない、人見知りしない、一人遊びが多くごっこ遊びをしない、抱っこを嫌がる、食べ物の好き嫌いが多い、ひとり言・オウム返しが多いなどが見られます。

アスペルガー症候群は相手の表情から気持ちを汲み取る、他人と楽しみや達成感などを分かち合うのが苦手で、過度な集中や興味の偏りが見られますが、通常は知能が高く、ある特定の分野には非常に精通して超専門家として能力を発揮するという特徴があります。

ADHDは落ち着きがない、集中力が続かない、注意力散漫、忘れ物やモノをなくしやすい、他の人の邪魔をするなどの特徴があります。

LD(学習障害)は学習に必要な、もしくは学習過程で獲得する「読む」「書く」「計算・推論する」が苦手な状態です。知的発達や聴覚、視覚機能に問題がなく、かつ上記のような状態のとき、LDが疑われます。独特な読み方や書き方をしてしまう発達性ディスレクシアもこのLD(学習障害)に含まれます。

近年、「自分は発達障害かも?」と思い、不安になって心療内科や精神科クリニックを受診される方が急増しています。

ところが、よくお話しをお伺いしますと、「生まれつき少しそそっかしいところがあって忘れ物が多い傾向にあったけれども、最近急激に物忘れやケアレスミス、注意力散漫、処理速度が落ちている、集中力が続かないなどの症状が目立って学業や仕事に支障を来している」ということがあります。

その場合、非常に軽いADHDやADDなどの発達障害にうつ病が併発して、ワーキングメモリが低下したことが原因となって、「自分は重症のADHDに違いない!」と不安になっている方が多いように思います。

この場合は、「うつ病」の治療を行うだけで症状はかなり改善しますので、お近くの心療内科クリニックにご相談ください。

大阪梅田の心療内科・精神科大阪メンタルクリニックは、発達障害や摂食障害のご相談に対応しており、平日夜間・土日も休まず診療いたします。

精神科、心療内科の専門医がカウンセリングを行う意味

カウンセリングを行う医師

専門医がカウンセリングを行う意味は、心の病の治療において大きな効果を発揮します。

まず精神疾患に関する正確な情報を知り、適切な治療が必要なことがまずわかります。放置すると症状の悪化や、治療の結果一時的によくなっても、何度も症状をぶり返してしまうといったことも起こり得ます。

薬を飲んで症状を紛らわしていたり、そもそも気持ちの問題なので薬を飲んでも意味がないと考えていたり、メンタルが弱い、甘えているから病院にかかる必要はないと考えていたり、精神科や心療内科にかからない理由を探す方も実際に多くいます。

またスポーツや趣味などに打ち込んで無理やり元気になろうとしたり、病院ではなく民間のカウンセリングに通うなどして症状の緩和を目指したりする方もいますが、あまり効果が現れない場合もあります。

一時的にストレスは緩和されても、その根本的な原因を取り除く取り組みにはなりませんから、症状が長期間続く、あるいは強く出ている場合は、精神科・心療内科でのカウンセリングをおすすめします。

専門医が行うカウンセリングでは時間的な制約が多く、様々な悩みや困りごとなどについては公認心理師・臨床心理士によるカウンセリングや心理カウンセラーによる専門的なカウンセリングをおすすめします。

梅田の精神科・大阪メンタルクリニックでは、病状やご本人様の希望に合わせてカウンセリングを行っております。うつ病や発達障害・摂食障害などのお悩みも親身にお伺いしますので、お気軽にご相談ください。

カウンセリング料金

男性公認心理士カウンセリング 3,900円/30分・7,800円/60分・9,900円/90分
女性公認心理士カウンセリング 3,900円/30分・7,800円/60分・9,900円/90分
夫婦カウンセリング 7,800円/60分・9,900円/90分
カップルカウンセリング 10,000円/60分・15,000円/90分・20,000円/120分
HSP・HSSカウンセリング 12,000円/60分・15,000円/90分・25,000円/120分
発達障害カウンセリング 10,000円/60分・15,000円/90分

大阪梅田で精神科をお探しなら大阪メンタルクリニック うつ病・発達障害・摂食障害のご相談に対応

ここまで発達障害と専門医によるカウンセリングの重要性についてご紹介しました。

心の病の治療においてカウンセリングは、その実態を把握し根本的な原因を取り除いて、治療効果を高めていくうえでとても大切なプロセスです。思い当たる症状がある方は精神科、心療内科でのカウンセリングをおすすめします。

大阪梅田で精神科をお探しの方は、東梅田駅から徒歩1分の大阪メンタルクリニックにご相談ください。うつ病、強迫性障害、パニック障害、発達障害、摂食障害などの様々な症状に対応しております。依存性の強いお薬は極力使用せず、最小種類の投薬とカウンセリングを組み合わせた治療を行います。

梅田で精神科を予約するなら大阪メンタルクリニック

院名 大阪メンタルクリニック
院長 前田 雅春
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町8−2 エーワンビル6F
TEL
URL https://osakamental.com/
診療時間 診察スケジュールにてご確認ください。
各種保険 有り