各疾患について

摂食障害 精神療法

摂食障害

摂食障害・拒食症・過食症・Eating Disorder 支持的精神療法  摂食障害に対して行われている支持的精神療法は、治療初期においては、患者さんの食生活や体重に対する考え方、大食のきっかけや大食時の気分、日常生活や親との関係などを話題にしながら、病気について教育していくのが中心となります。摂食障害は自然に治癒するということはないので、治そうとしない限り、心身の症状や合併症は一生涯…

もっと見る

摂食障害 治療に要する期間と回復率

摂食障害

摂食障害・拒食症・過食症・Eating Disorder 治療に要する期間と回復率  神経性無食欲症においては、軽度で一過性のものもあれば、重篤で長期的なものもあります。国内における調査によると、初診後4~10年経過した患者さんを調べたところ、全快が47%、部分回復が10%、慢性化が36%、死亡率が7%という報告があります。この神経性無食欲症の患者さんの転帰に影響する要因としては、初発…

もっと見る

摂食障害 特定不能の摂食障害とは

摂食障害

摂食障害・拒食症・過食症・Eating Disorder 特定不能の摂食障害とは  摂食障害で生活の質がひどく損なわれているが、しかし神経性無食欲症や神経性大食症の診断基準のどこにも当てはまらない患者さんのことを特定不能の摂食障害と呼んでいます。その中で、病名として確立してきたのが「むちゃ食い障害」です。このむちゃ食い障害(BED)は、DSM-Ⅳにおいては今後さらに研究を要する暫定的な…

もっと見る

アルコール依存症

アルコール依存症

アルコール依存症・Alcoholism アルコール依存症 アルコール依存症とは? アルコール飲料を長期にわたって連用していると、だんだんとお酒に強くなって大量に飲まないと酔わなくなる。 やがて酒による問題が出始め、歳とともにひどくなっていく。 しかし、いつでも飲める酒がないと不安であったり、飲酒が悪いとわかっていても、飲まないで辛抱することができない。 アルコールの量をひかえたい、やめ…

もっと見る

アルコール依存症が原因で起こる様々な問題

アルコール依存症

アルコール依存症・問題・Alcoholism アルコール依存症が原因で起こる様々な問題 アルコール依存症が原因で起こる身体疾患 1.肝障害 アルコールによる肝障害は、脂肪肝、アルコール肝炎、肝硬変というふうに悪化していく。 「脂肪肝」は、肝細胞内に脂肪がたまり、肝臓が腫大している状態で、断酒することによってよく治る。 「アルコール肝炎」は、肝細胞が変性、壊死を起こし、肝腫大、黄疸、食欲…

もっと見る

アルコール依存症の治療方法

アルコール依存症

アルコール依存症の治療方法・Alcoholism アルコール依存症の治療方法 断酒継続のためにすべきこと アルコール依存症になると、それ以外のさまざまなアルコール関連障害も併発するのが普通である。 回復について考える場合には、それら全体を考慮にいれておかねばならない。 とはいっても、酒を断たない限り回復は絶対にあり得ないし単に飲まないでいるというだけでも実に大変なことである。 このこと…

もっと見る

不登校・引きこもり

不登校・ひきこもり

不登校・引きこもり・School Refusal・Hikikomori 不登校とひきこもり 不登校とは 文部科学省では「何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にあること(ただし、病気や経済的な理由によるものをのぞく)」で30日以上欠席した場合を不登校と定義して各種調査をおこなっている。 ひきこもりとは 厚生労働…

もっと見る

摂食障害 認知行動療法

摂食障害

摂食障害・拒食症・過食症・Eating Disorder 認知行動療法 →認知行動療法の詳細についてはこちら  摂食障害の患者さんは、自己を低く評価するために、体型や体重については過剰な関心や歪んだ信念や価値観(認知の歪み)をもっています。これが痩せ願望や肥満恐怖になり、その結果極端なダイエットや自己誘発性嘔吐、下剤や利尿剤の乱用にいたっているという仮説に基づいています。そして、大食は…

もっと見る

摂食障害 疫学的統計頻度

摂食障害

摂食障害・拒食症・過食症・Eating Disorder 疫学的統計頻度  様々な摂食障害は、思春期と青年期の学生の4%以上にみられます。神経性無食欲症においては、思春期以前の女性や男性にもみられ、特にこの数十年は、以前に比べてかなり高い頻度で認められます。もっとも頻繁に発症する年齢は、10代半ばですが、20代初期にも高い確率でみられます。思春期の女子においては、約0.5~1%に神経性…

もっと見る

PTSD

PTSD

PTSD・Posttraumatic Stress Disorder PTSD (心的外傷後ストレス障害) 阪神・淡路大震災の後、PTSDという言葉がマスコミで大きく取り上げられてすっかり有名になりました。 それ以来、何か大きな事件や出来事が起こるたびにPTSDが注目を集めるようになりました。 PTSDとは、何か脅威的なあるいは破局的な出来事を経験した後、長く続く心身の病的反応で、その…

もっと見る

認知症

認知症

認知症・Dementia 認知症 日本は、世界に例がないほどのスピードで高齢化が進み、65歳以上の高齢者は2898万人にのぼっています(2009年総務省発表)。 認知症人口も急激にふえ、2025年には445万人になると推計されています。2005年の統計調査では205万人でしたから、20年間で約2.2倍にふえるわけです。 65歳以上の人は10人に1人、85歳以上になると、アルツハイマー型…

もっと見る

認知症の原因

認知症

認知症の原因・Dementia 認知症の原因 認知症の50%はアルツハイマー型、20%が脳血管性、レビー小体型が20%と言われています。 アルツハイマー型 アルツハイマー型認知症では、脳全体(特に側頭葉や頭頂葉)が萎縮して(小さくなって)いきます。 成人では通常1,400グラム前後ある脳の重さが、発症後10年位たつと800~900グラム以下に減ってしまいます。 アルツハイマー型認知症の…

もっと見る