社交不安障害

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害13

社交不安障害

治療の意味と回復への道筋  さて、社交不安障害は「治る病気」なのだろうか、という素朴な疑問をもたれる方も多いと思います。これまで見てきたように、ある日突然パッと治るような簡単な病気ではないことは解っていますが、しかし社交不安障害は治療不可能の病気では決してありません。それにはこの病気の本質を理解し、不安症状による複数の悪循環を断ち切るための療法を有効に活用していくことでしょう。では、複…

もっと見る

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害14

社交不安障害

治療方法 二つの治療法  社交不安障害の治療には、現在、大きく分けて「薬物療法」と「精神療法」の二つがあります。薬物療法というのは、薬を用いて社交不安障害の症状を抑え、改善をはかる治療法のことです。主に使われる薬は「SSRI」「TCA(三環系抗うつ薬)」「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」「βブロッカー」(β遮断薬)などです。一方、精神療法は他に「心理療法」または「カウンセリング」とも呼ばれ…

もっと見る

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害15

社交不安障害

心理療法  心理療法には、「認知行動療法」と「対人関係療法」の二つがあって、うつ病や社交不安障害を含めた不安障害の治療法として注目されています。社交不安障害における心理療法は、SSRIなどの薬物による治療と匹敵する効果があることがこれまでに報告されています。その二つの療法の概要について、以下説明していきます。 認知行動療法  認知行動療法(CBT=Cognitive Behaviora…

もっと見る

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害16

社交不安障害

心理療法 対人関係療法(人間関係療法)  対人関係療法というのは、双方において影響しあっている対人関係の機能を改善していくことによって、不安症状を減じていく療法です。考え方としては、「不安がなくなれば対人関係が楽になる」という思いで治療するのではなく、「少しの不安を感じながらも、対人関係を改善していけば、自信がついて不安も軽くなってくる」という方向で取り組むことです。これまでも述べてき…

もっと見る

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害17

社交不安障害

社交不安障害アサーショントレーニング 〈アサーションとは何か〉を理解する前に、まずあなたの今現在における自己表現について簡単にチェックしてみましょう。  次のアサーション度チェックリストに答えてください。あなたが普段どうしているかを考えて、文章の後の(はい・いいえ)のいずれかを○で囲んでください。さて、「いいえ」の数はいくつありましたか。「いいえ」と答えた項目は、あなたが自己表現できて…

もっと見る

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害18

社交不安障害

アサーションとは  それではここで、アサーションとはどんなことか、アサーションとそうでないことの違いはどこにあるのか、どうしてアサーションができないのか、などについて考えてみましょう。  あるアメリカの心理学者は、人間関係の築き方には、大きく分けて三つのタイプがあると言っています。第一は、自分よりも他者を優先し自分のことを後回しにするタイプ、第二は、自分のことだけを考えて他者を踏みにじ…

もっと見る

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害19

社交不安障害

非主張的自己表現 〈非主張的〉とは、自分の気持ちや考え、意見を表現しなかったり、しそこなったりすることで、自分で自分の言論の自由(人権)を踏みにじっているような言動をいいます。これには、自分の気持ちや考えを言わないだけではなく、あいまいな言い方をしたり、言いわけがましく言ったり、他人に無視されやすい消極的な態度や小さな声で言うことも含まれます。このような言い方は、一見、相手を立てている…

もっと見る

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害20

社交不安障害

全般的に非主張的、または攻撃的な人とは?  ときとして、どんな人に対してもどんな状況にあっても、全般的に非主張的であったり、攻撃的であったりする人がいます。いつも非主張的な人は、一見して恥ずかしがり屋で、ほとんどの状況や人に対してオズオズと、引っ込み思案な態度をとっています。人が嫌がりそうなことや、人の邪魔になりそうなこと、葛藤が起こりそうなことは決してやらず、親や権威者が言った通りの…

もっと見る

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害21

社交不安障害

漢方薬治療 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) 神経質でビクビクして不安が強く、よく動悸を起こす場合や、対人恐怖や視線恐怖があり人からどう思われているかが過度に不安になるタイプに用いられる。投与量は7.5mg/日 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう) 適応は柴胡加竜骨牡蠣湯と似るが、もう少し体力が弱い人や、気力が低下している人に用いる。冷えが強い人、胃が弱い人、う…

もっと見る

社交不安障害(SAD/あがり症) 旧称:社会不安障害22

社交不安障害

治療に要する期間と回復率  一般的には、薬物治療と認知行動療法、行動療法、アサーショントレーニング、EMDRなどを組み合わせて約1年間の治療をおこなうと、およそ80%の方が治癒(発病前の状態に戻る)します。  社交不安障害で、長年にわたって悩んでいる人も多いです。若い人でも数年以上、中高年ですと30~40年以上の人もいますが、そんな方でも、SSRIを中心にした薬物療法と認知行動療法的な…

もっと見る